カエルのカー君 カエルのエー君 カエルのルー君   教室日記 カエルのフー君 カエルのロー君  カエルのツー君

調布つつじヶ丘ピアノ教室
プリ~マ・トーン音楽教室

カエルのシー君        カエルのユー君

ホームへ戻る 日記の一覧へ戻る


日記カレンダー
3 11 21



8月21日(水)

少し暑さが和らいだ感じがします。
このまま秋になってくれれば良いのですが…。

教室は17日まで夏休みでした。
私は旧友と会ったり、老母を連れて静岡へバス旅行に行きました。
製茶工場の見学ではお茶を保管する-25℃の冷蔵庫に入り、文字通り心臓が凍るような体験をして、ワサビ工場ではワサビの香りが噴射される狭い部屋に入り、お鼻ツンツン目はヒリヒリ…とんでもない経験が出来ました。(◎_◎;)
拷問ツアーじゃあないですよ。
焼津ではお寿司の食べ放題があり、20貫近く食べてしまいました。

楽しい夏休みがおわり、久々に生徒さんに会うと、夏休みの思い出を楽し気に話す方、宿題が終わらない~と焦る方、ずっと勉強していたとお疲れ気味の方、様々でした。
そして皆さん夏休みがもうすぐ終わることを、嘆いていました。

冬休みを楽しみに、頑張りましょうね~。


★お土産を頂きました。有難うございました!

生徒さんからのお土産

topへ





8月11日(日)

8日から教室は夏季休暇となっています。
皆さん夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

私は以前習っていたドイツ語教室の友人と再会したり、のんびりショッピンングしたり…楽しい夏休みを過ごしています。
今日は、生徒さんと個展に行きました。

6月の中旬に、Sさんから「知人のアーティストさんから、作品の展示をしたいと連絡があったのですが、どこか良いところをご存じないですか?」とメールを頂きました。
別の生徒さんがカフェで、ワークショップを開催しているので、その生徒さんに連絡すると、用賀に良さそうなカフェがあると教えてくださり、話はとんとん拍子に進み、8月に個展が開催されることになりました。

Sさんのお知り合いのアーティストさんは望月瞳さんとおっしゃり、アメリカで活躍されて、今は日本で写真、書を中心に作品の制作、発表をされています。

会場のカフェに着くと望月さんが笑顔で迎えてくださいました。
カフェの壁中央には、朱色の帯揚げを並べ書を書き入れた印象的な作品がかかっていました。

望月さんがコーヒーをいれてくださり、作品の説明をしてくださいました。

彼女のテーマの一つは「諸行無常」だそうで、帯揚げや着物には「いろは歌」や経文が書き入れられています。
そして写真を特殊な方法で布にプリントして、切り取り、一枚一枚縫い付けてあります。
こうした作品は手縫いなのでまた解いてもとの着物や帯揚げに直すことも可能で、そこには万物は流転し、変化を繰り返す…という「諸行無常」のテーマが流れています。

そして「夢」を連想するドーナツ型の枕の作品も見せて頂きました。
麻で出来た枕には、南米を旅行された時の思い出の写真、品々が縫い付けられています。
素材を選び、そこから感じたインスピレーションを作品に仕上げる…。
女性らしい細やかさ、ユーモラス、楽しさ…色々なことを感じました。

私は詩吟に自作のピアノ伴奏を付けて、10月にコンサートをします。
詩吟は普通、尺八や琴で伴走をするので、ピアノの伴奏は全くの創作となります。
詩を読み、そこにいる人物の心情や自然の風景に思いを馳せる。
言葉という素材から音を作る…。表現は違うけれどなんんとなく似ているかな。

そしてピアノを教えるということ。
作曲家が命を削るようにして作った作品を、どのように再現するか。
作曲家が書き入れたメッセージ、強弱から始まる様々な記号、それは何を表し、どのように音として表現すれば良いのか…。
その時代の演奏スタイルなども考慮し…。
演奏という創作活動でもあり、伝統を継承していく役割もあり…。

望月さんの作品を拝見しながら、ピアノと共通すること、しないこと、ずっと考えていました!

帯揚げの作品


帯揚げの作品アップ

着物の作品

枕の作品

topへ





8月3日(金)

とにかく暑い。
教室に着くと、汗が噴き出る毎日です。

熱い空気が充満した教室の室温は、いったいどの位なんだろう…時計に付いた温度計を見ると、34度。
エアコンの風量を最強にして、Rさんを待ちました。
インタフォンが鳴りました。
Rさんが額の汗をハンカチで拭いながら、教室に入ってきました。
「暑いですね。」
うんざりした表情で言いました。
中国の瀋陽出身のRさんに、中国もこの時期は暑いのか聞いてみると、昼は暑くても、夜は涼しくて過し易い…と教えてくれました。

Rさんが持っていた袋を差し出して「先生、塩玉子」と言いました。

一見パック入りの普通の玉子に見えますが、それはRさんが作った塩玉子です。

以前頂いて、すごくおいしかったので、私は大喜びしました。
「わーっ!また作ったのですね。今回は何個ぐらい作ったのですか?」
「40個!」

塩玉子は中国の夏の食べ物で、一カ月ほどかけて完成します。
玉子を塩茹でして、殻ごと一カ月常温で塩漬けにするそうです。
出来上がった玉子は、食べる前に沸騰したお湯で7分ほど加熱します。
冷蔵庫で保存できるので、一度に沢山作って少しづつ食べるようです。

中国では塩玉子を熱々のご飯に乗せて、水をかけてお茶漬けにするそうです。

以前頂いた時、私は熱々のご飯と一緒に食べてみました。

塩味が効いた白身と、ほのかな塩味の黄身が良いバランスでご飯にからみ、ご飯がいくらでも食べられそうな感じでした。
暑い夏、食欲が無い時にぴったりだと思います。栄養もあるし…。

冷蔵庫に頂いた塩玉子は冷蔵庫に大切に保管、Rさんのレッスンを始めました…。

塩玉子

topへ





前の月へ    次の月へ    ページのトップへ