カエルのカー君 カエルのエー君 カエルのルー君   教室日記 カエルのフー君 カエルのロー君  カエルのツー君

調布つつじヶ丘ピアノ教室
プリ~マ・トーン音楽教室

カエルのシー君        カエルのユー君

ホームへ戻る 日記の一覧へ戻る


日記カレンダー
3 12



11月12日(木)

今日はレッスンをお休みしました。
木曜日の生徒さんの中には、11月のお休みは慣れっこになっていて、「ああ、またあれですね。もう1年になるんですね!」とおっしゃる生徒さんもいらっしゃいます。
毎年11月に、母の脳の検査が横浜の脳外科病院であり、付き添いのためレッスンをお休みしています。
担当の医師が木曜日しか病院にいないので、毎年この時期に木曜日の生徒さんは1回レッスンがお休みになってしまいます。

今週はコロナ感染者の急増で、連日北海道や東京の感染状況の厳しさをテレビなどで報道しています。
そんなニュースを見て、呑気な母も怖くなってきたのか、病院に行くのが怖い…と言いだしました。
そして昨日、母は病院に電話して、診察のキャンセルをしました。
病院の受付の方とも相談したそうで、感染者の増加に伴い診察のキャンセルが増えていることもわかり、半年前に予約した診察をキャンセルしました。
人混みに行けば感染リスクは高まるに決まっているので、本人が行きたくないと言っているのに無理やり連れだすことは出来ません。
というわけで、私は自宅で親孝行する日となってしまいました。

昨日、中学生のMちゃんから大きな柿を頂きました。
お母様のお知り合いか、親戚から毎年柿が送られてくるそうで、昨年もお裾分けして頂きました。
あとで教室の生徒さんでもあるMちゃんのお母様、Wさんにお礼のメールを送りました。
Wさんからの返信に「お母様とご一緒に(柿を)楽しんで頂ければと思います」と書かれていました。

帰宅して母に柿を見せると、柿の大きさに驚嘆して、美味しそうだね、食べるのが楽しみだね…と言ってました。

今日は、病院への付き添いは中止になりましたが、楽しみにしていた柿を母と一緒に食べて、巣ごもり親孝行をしました。

実はWさんのレッスンは今日でした。
レッスンをお休みさせて頂いたうえに、柿まで頂き…重ね重ね有難うございました。

大きな柿

topへ





11月3日(火)

良く晴れた休日!
なんて気持ちが良いのでしょう!
といっても感染症が怖くて、たまの休日くらい外出を控えてしまう私です。

というわけで庭の雑草抜きや柿の木になった実の収穫、家の掃除で一日を過しました。

柿の実…といえば、こんなことがありました。
先日レッスンが終わり、帰宅したのは10時過ぎだったでしょうか。

柿の木の前にある木製のフェンスの上に何か動物が乗っているのが見えました。
猫よりは大きく、尻尾が太くて長い。
その動物は柿の実が気になるらしく、木の上の方を眺めています。
私が背後に立っても顔は木の上の方に向いていて、私の存在に気が付きません。
やがて気配を感じたのか、私の方を振り向きました。
その動物の顔の真ん中の白い線がくっきりと見えました。
ハクビシンです。
一瞬私と目と目が合うと、慌てたハクビシンは凄いジャンプ力で、隣家のブロック塀に飛び乗りました。
柿の実に動物が食べた跡があるのは知っていましたが、まさかハクビシンだとは思っていませんでした。
カラスがお腹を空かせて食べた…と信じてました。

ハクビシンは害獣です。
二度とこないように、てっぺんの方に残っていた柿の実を全て採りました。

そんなこんなで一日動いてたら、稼働日よりも疲れてしまいました。
血糖値も下がってフラフラ…。

夕方、生徒さんから頂いた葡萄ジュースを頂きました。
南魚沼産のカベルネソーヴィニヨン種の葡萄のジュースです。
カベルネソーヴィニヨンといえば、南フランスはボルドーのワインで有名な葡萄です。
同じ「南」はつくものの、米どころの南魚沼という雪国で、南仏の葡萄が育つなんて…。
面白いですね。

葡萄ジュースの味は、渋みが少々あるものの、甘みが強く、力強い味がしました。
とても美味しかったです。
そして疲れがいっぺんにとれました!

topへ





前の月へ    次の月へ    ページのトップへ