カエルのカー君 カエルのエー君 カエルのルー君   教室日記 カエルのフー君 カエルのロー君  カエルのツー君

調布つつじヶ丘ピアノ教室
プリ~マ・トーン音楽教室

カエルのシー君        カエルのユー君

ホームへ戻る 日記の一覧へ戻る


日記カレンダー
8 16



6月16日(水)

午前中、地元では滝のような雨が降りました。
こんな日は雨雲が切れた時を狙って出勤しないと…と思い、薄日が射すなか家を出ました。
新宿駅で駅直結のデパートで少し買い物もしました。

デパートの出口近くの和菓子屋さんで、先日日記にも書いた水無月を見つけました。
黒、抹茶、白の3種類。
販売員の方に販売期間を尋ねると、黒(小豆?黒砂糖?)と抹茶は30日まで、白(定番の水無月)は7月に入ってからも販売すると教えてくれました。
30日に立ち寄って、購入しようと思います。
教室のあるつつじヶ丘の和菓子屋さんでも、水無月は購入できますが、お店が教室からは少し離れたところにあるので、デパ地下の方が簡単に買えそうです。

つつじヶ丘に着くと、全く雨が降った形跡がありませんでした。
生徒さんに聞いても、私が経験したような大雨は降らなかった…とのことでした。
地元では河川が氾濫寸前まで激しい雨が降っていたのに…。
何はともあれ、皆さん快適に教室にいらっしゃれて良かったです。

今日も発表会に参加する生徒さんのレッスンがありました。
まだまだ先なので、ゆったりレッスンをしたいところですが…光陰矢の如しという諺もありますので、出来るだけ早く曲を仕上げたいものです。
とはいえ私ばかりがパワー全開しても仕方がないことで…。
少しずつ前に進んでレッスンが出来たらな…と思います。
ですので前回のレッスンで直した音、リズム、その他諸々を、身に着けてレッスンに臨んで頂けたら…と思います。
前回と同じ所を直すのは、時間がもったいないです。
レッスンのあとにご自宅で復習するとか、音が出せない時間帯または練習する時間がないのであれば楽譜を広げて注意された所を確認するとか…。
ちょっとした工夫をすれば、注意された個所を忘れてしまったり、レッスン直後の状態からの、退化(?)が避けられると思います…。

最後の大人の生徒さんのレッスンが終わり、駅の改札前にあるコンビニで買い物をしました。大きなズッキーニです。

店舗前に置いてある木の棚に地元で採れた野菜の販売がされていて、ちょっと高めですが新鮮で珍しい季節の野菜が購入できます。

今日目を引いたのは大きなズッキーニです。まるで大根のようです。
どんな味なのでしょう???
スープに入れようか、炒め物にしようか、サラダで…?
巨大ズッキーニを片手に、夢は膨らむ、膨らむ…。

topへ





6月8日(火)

今日は朝から暑く、早くも真夏日です。あれ!?まだ梅雨入りもしてないのに…。
とにかく暑い…。
今日も冷房をガンガンつけてレッスンしましょう!
発表会まであと二ヶ月ちょっとです。今のうちに沢山練習して、夏休みは余裕で過ごしたいですね!

今月に入って、日記の更新は今日が初めてになってしまいました。
日々色々なことが教室で起きていますが、忙しさにかまけてさぼってしまいました。

1日は母のワクチン接種のお供をしました。住んでいる自治体では、決まった接種会場まで行って接種をしてもらうことになっているので、タクシーで会場まで行きました。
受付を済ませると黄色いファイルを渡され、予診、接種会場へと向います。接種が終わったあと、15分は待機することになるので、トイレは済ませて…とスタッフの方が仰るので、黄色いファイルを母から預かりトイレの前に立っていると、先程とは違うスタッフの方が話しかけてきました。
「接種会場はこちらです…」
今は65才以上の高齢者の接種だけが行われています…。
「付き添いです。つ、き、そ、い!」
マスク越しでもはっきり聞こえるようにできるだけ滑舌よく言いました。

黄色いファイルを持っていたので、65才以上の接種をしにきた人に見えたのでしょうが…!
うーん。なんかショック!

母のワクチン接種の方は無事に終わりました。
翌日から腕の痛みが酷くなり辛そうにしてましたが、翌々日には、辛いから二回目の接種はやめる…と、わがままが言えるまで元気になりました。
二回目の接種日もお蔭様で月末に予約ができました。
二回目の方が副反応が強く出やすいとの事ですので、また接種会場まで付き添う事にしました。

その時は、うんと若作りしていこう!接種する人と間違われないように。

6月もあっという間に過ぎてしまいそうですが、京都では6月30日に水無月というお菓子を食べると、残りの半年を無病息災で過ごせるという風習があるそうです。
水無月のことを教えてくれた生徒さんは、医療関係のお仕事をされていて、昨年4月から自粛生活を貫いていらっしゃって、教室に復帰することがまだできません。
その生徒さんから5月末にメールがきました。

…今年は30日が平日で水無月を買いに行くのが難しいので、自分で作ることにしました…
そのメールには予行演習して作った水無月の写真が添付されてました。

…うーん…

私からのコメントは避けますが、ご本人に味のほどをうかがうと、美味しいというより、ちゃんと食べられるという感じ、とのお答えを頂きました。
調理ではなく、実験のようなお返事ですね。

30日までまだ何日もあるので、腕をあげるべく頑張るのか、それとも和菓子屋さんに駆けこむのか…30日が楽しみです。

topへ





前の月へ    次の月へ    ページのトップへ